ワインやシャンパン、お気に入りの空ボトルを

素敵な照明として生まれ変わらせるアイテム

ドイツの医療機器のエンジニアのアイディアから生まれたボトルライトは

今までありそうでなかった、ボトルに差し込むタイプのスティック型LEDライト。

おしゃれだからと取ってあるワインやウイスキー、日本酒などの空ボトルに差し込めば、コードレスのおしゃれ照明にしてしまう面白いライトです。

IPX4程度の防水性があるので、お部屋のインテリアにはもちろん、アウトドアの照明としても使えて、幅広いシーンで温かみのある空間を演出します。

光の色や明るさを変えられるボトルライトは2種類。

一つは「ボトルライト vivi-LED レインボー BOT05」

25色の光の中から好きな色を選んだり、ゆっくりと25色が変わる自動変化モード選んだり、4段階の調光が可能です。色温度は5000K、明るさは13~51lmです。

▲「ボトルライト vivi-LED レインボー BOT05」
特長は、ドイツで特許を取得している技術(本体の傾きや回転)で操作できること。シンプルなスティック型でボタンはなく、単3電池×3本を入れて、本体を水平にしてくるくると回すことで色を切り替えたり、自動変化モードに切り替えたりでき、斜め45度にして回すことで4段階の明るさの調整ができます。

 点灯時間は、単3電池×3本で約40~120時間。材質はアルミニウムとアクリルガラスで軽量、ボトルの口で留まるようにフタ下にはゴムが付いています。

防水性があるので、アウトドアで雨が降っても心配いりません。フタの下にあるゴム部分まで水に浸しても大丈夫な作りですが、浸しながら使用するライトではありませんのでご注意ください。

もう一つのライトは「ボトルライト ウォームホワイト・ブライトBOT04」

簡単操作で15lmと40lmの2段階の明るさの調整ができる電球色(色温度3000K)で、柔らかい光で雰囲気を作ります。

▲「ボトルライト ウォームホワイト・ブライトBOT04」

特長は、電球色の2段階の調光が出来ること。寝室で使う時やゆったりとリラックスしたい時は1段階目の優しい明るさを選んだり、読書やお食事のテーブルで明るくしたい時には2段階目の明るさを選んだりと、シチュエーションに合わせて好みの明るさを簡単操作で調整できます。

こちらも単3電池×3本を使用し、点灯時間は40~120時間です。フタを閉めて最初に点灯した明るさが15lm、更に少し閉めると40lmの明るさに調整できます。電池の残量が少なくなると1段階目のみの明るさになります。フタを閉めすぎないようにご注意ください。

ボトルライトのサイズは、直径2㎝×長さ26cmで、一般的なワインやウイスキーなど様々なボトルに差し込めるように設計されています。ボトルの口からボトル底までの高さが23㎝以上あり、ボトルの口内径が17~22mmのボトルにゴムで留まり丁度収まります。ボトル口内径のサイズが17㎜以上ある必要がありますが、ボトルの高さは23㎝より低くても高くても自分好みのボトルでオシャレな照明を楽しむことができるでしょう。

お部屋のインテリアとしてはもちろん、レストランやバーなどのシチュエーションや、キャンプやグランピングなどのアウトドアまで、幅広いシーンで使えます。